予定の管理

概要

■勤怠管理ソフトとは
勤怠管理ソフトとは、名前の通り勤怠状況を管理してくれる便利なソフトです。
ソフトといっても、その種類は様々なものがあり、無料でインストールできるものから、有料なものまであります。
有料な勤怠管理ソフトであれば、機能性も優れており、様々な業種に対応できる仕様で作られています。

勤怠管理ソフトを導入することによって、社員の正確な勤務時間を把握することができ、日々の勤務状況を細かく確認することが出来ます。
以前までの勤怠管理といえば、タイムカードが主流でした。タイムカードを出勤時、退勤時に専用の機械に入れて、勤務時間を把握するというものでした。
そうすると、月末には勤務表の収集に時間がかかってしまったり、タイムカードと勤務表の照り合わせに時間がかかってしまったりと、勤怠管理をするだけでも相当な時間が必要になります。
勤怠管理ソフトであれば、全てパソコン上で完結させていくため、集計などの手間が省け、仕事を効率的に進めて行く事が出来ます。

■スケジュール管理ソフトとは
スケジュール管理ソフトとは、仕事に関するスケジュールやプライベートに関するスケジュールなどをひと通り管理してくれる便利なソフトです。
仕事の場合だと、会議のスケジュールや、打ち合わせのスケジュールなどをソフトに読み込ませておき、複数のユーザーとスケジュール情報を共有しあう事によって仕事を効率よく進めて行く事が出来ます。
プライベートなものであれば、社員同士の呑み会や懇親会などをソフトに読み込ませていき、スケジュール間を複数の社員に共有していく事が出来ます。
スケジュールを設定した日にちに近づいてくると、「アラーム機能」が発動され、ポップアップウィンドウで情報を知らせてくれます。
このアラーム機能によって大事な会議や予定などの時刻を忘れることもなく、仕事を進めて行く事が出来ます。

このように、近年からビジネスシーンにおいて様々なソフトが開発されています。
これらのソフトを導入して利用することによって、これまで手間がかかった様々な雑務が、スムーズに対処することが出来ます。
ここでは、スケジュール管理ソフト、勤怠管理ソフトのそれぞれの性能、機能について詳しくご紹介していきます。